導入事例

株式会社INGS様・組織と従業員の相互理解を高め、エンゲージメント向上に活用

社名:株式会社INGS

設立:2009年

事業内容:飲食店経営 ライセンス・プロデュース事業

従業員数:370名

 

 

「自分の為に働く。」という採用スローガンを掲げ、従業員満足度の向上、お客様満足を追求し成長してきた株式会社INGS様。

INGS様の離職率の低さと従業員エンゲージメントの取り組みについてお話をお聞きしました。

 

BESTTEAMの使い方

成田「率直にお聞きしますが、BESTTEAMについてどう思っていらっしゃいますか?」

青柳社長「うちの会社は、会社内の雰囲気がアットホームでみんなの仲がいいんです。失敗したら怒る、とかルールが、とか私が好きではなくて(笑)その雰囲気にすごくハマってくれているサービスだと思いますよ」

成田「なるほど。それはなぜですか?」

青柳社長「立ち位置的なものですね。『業務としてやらなきゃ!』ではなくて、記事を上げたい人は上げることができるし、苦手な子はしなくてもいい。『他のバイトの子が上げた記事を見るのが楽しいな』で完結することができるからフランクで肩ひじ張らなくてちょうどいいんですよね。でもその中でもちろん仕事の記事を上げる子もいるから、仕事っぽくなく仕事のことを伝える手段にもなると思うんです。」

成田「確かに記事を書くことが業務の一環だったらきっと嫌だなって思う子もいるかもしれませんからね。具体的にはどのような記事が乗っていることが多いんでしょうか?」

青柳社長「う~ん、それこそ休みの日にどこどこに行きましたとかプライベートなことや紹介制度で入社した子の紹介などもやっています!」

リファラルが企業成長を促進

成田「BESTTEAMでリファラル情報を掲載しているんですね!」

青柳社長「そうですね、INGSでは社内ルールとして紹介祝い金も渡しているのですが、そもそもルールを知らないスタッフもいれば本当にもらえるか心配になる人も中にはいます。なのでみんなの見える場所で紹介してあげることで制度の告知にもなるし、紹介の後押しにもなります」

成田「その使い方は素晴らしいですね!そこから採用に至るパターンも多くあるんでしょうか?」

青柳社長「正直、かなりの人数採用できています。実のところ、この紹介制度で採用単価はかなり落ちました。今となっては、紹介での採用と新卒採用がメインとなっています。やはり紹介は根本的に辞めにくいですし、飲食業界にはかなりハマると思っています。」

 

これまでそしてこれから

 

成田「BESTTEAMについてたくさんお聞きできたので、是非御社についてもお聞きしたいのですが、売り上げや店舗の増える成長スピードが速いですよね!飲食業界の方と話をすると御社のお名前はよく出てきます!」

青柳社長「ありがとうございます。離職が少ないということもいい要因かなと考えていますが、やはり”INGSらしさ”が功を奏しているかなと思います」

 

成田「”INGSらしさ”とはどういったところでしょうか?」

青柳社長「理不尽がない、優しい企業風土だと思っています。飲食業界は職人気質のスタッフも多いので注意するときの言葉がきつかったり、労働時間が長く体力的にもきつかったりします。弊社では、諭すことはあっても叱ることはないですし、きっちり休みもとれるような仕組みを作っています」

 

成田「なるほど、人を大切にしているからこそ定着もするし成長もするわけですね。この企業風土は意識して作られたのでしょうか?」

青柳社長「うーん、、、もともとそういう人間かもしれないですね(笑)」

成田「人柄ですね(笑)逆に改善点などはあるのでしょうか?」

 

青柳社長「教育制度が迄充実していると言えない部分は弱い部分だと思います。研修や勉強会を増やして強化していきたいです。私の根底に自分の為に働いてほしいという想いがあるので、外の世界に羽ばたいたときにレベルアップしたほうがいいこともあるなと思っています。」

 

成田「今後教育面でも盤石にしていくのですね。それでは最後になりますが、これからの目標をお聞きしたいです」

青柳社長「上場や100店舗出店という数値的な目標は勿論あります。しかしそれを目指す上で”賄い”や”勤怠の打刻”など細かいルールがどんどん増えています。その中で今の”INGSらしさ”を捨てずに追求していきたいと考えています。やり方を変えながらでも、みんなが満足できるような場所でありたいです。」

 

成田「企業風土の部分ですね。このまま今を追及してどんどん成長していっていただきたいなと思います。弊社もできる限りのお力添えをいたしますので今後とも、よろしくお願い致します。本日はありがとうございました!」