エンゲージメントノウハウ

エンゲージメント・ロイヤルティ・従業員満足度(ES)の意味と違いとは


働き方改革などの影響で「エンゲージメント」「ロイヤルティ」「従業員満足度」といった言葉が様々な場面で使われるようになりました。
混同してしまいがちなこれらの言葉の違いを皆さんはご存知でしょうか。

 

組織マネジメントにおいてこれらの言葉の違いを知り、正しいアプローチをしていくことが重要です。社内でエンゲージメントを高めることを目標に掲げていても、従業員がエンゲージメントについて誤解していると、目的意識がバラバラになってしまうからです。

 

本記事では「エンゲージメント」「ロイヤルティ」「従業員満足度」の言葉の意味とそれぞれの違いを説明していきます。

 

 

エンゲージメント、ロイヤルティ、従業員満足度(ES)の意味とは

まずはそれぞれの言葉の意味や定義を確認しましょう。

 

1.エンゲージメントとは
従業員と会社がお互いに貢献し成長できる関係になっているか、従業員と企業の絆の強さを表す概念です。従業員の会社への帰属意識だけでなく、従業員が会社や職場に対して愛着や信頼の度合いを可視化・数値化して把握します。

 

エンゲージメントが高まれば、会社と従業員が一体となり、共に成長・信頼しながら経営目標の達成を目指す状態になります。そのため、従業員の潜在的な能力を引き出しながら、高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

2.ロイヤルティとは
消費者や従業員が特定の組織や製品に対して抱く愛着やこだわり、愛社精神や忠誠心などの好意的感情や精神的繋がりを指すビジネス用語です。

 

会社と従業員の関係でのロイヤルティとは、従業員が会社へ「忠誠」を持って「忠実」に行動している状態と言えます。そのため、たとえ給料や待遇などの面で現状より好条件を提示する同業他社が現れたとしても、転職を検討することなく、目の前の仕事に集中して取り組むことが可能となります。終身雇用制度や年功序列制度などの会社で良く見られるものになります。

 

3.従業員満足度とは
従業員満足度とは、従業員が組織で働く上での居心地の良さを指します。福利厚生や労働環境、上司や部下との人間関係などが要因として挙げられます。

 

離職率の改善や顧客満足度の向上につなげるために従業員満足度の向上を掲げる企業が多くあります。

 

 

エンゲージメント、ロイヤルティ、従業員満足度(ES)の違いとは

エンゲージメント、ロイヤルティ、従業員満足度のそれぞれの言葉の意味や定義を確認しましたが、具体的にどう違いがあるのか判然としない方も多いかと思われます。

 

それぞれの意味の違いを、詳しく確認してみましょう。

 

1.エンゲージメントとロイヤルティの違い
エンゲージメントにおける会社と従業員の立場は同等であり、ロイヤルティにおいては会社の立場が非常に強い状態であることが違いです。

 

エンゲージメントは、会社と従業員が共に助け合い、共に成長する状態です。一方でロイヤルティは、会社が主導となって会社を成長させ、そんな会社に従業員が忠義を尽くしている状態です。

 

エンゲージメントが注目されている理由として従業員が主体性をもって業務に取り組んでほしいと考える企業が増えていることが挙げられます。

 

2. エンゲージメントと従業員満足度の違い
エンゲージメントは、従業員と会社がお互いに貢献し成長できる関係、自社への愛着や信頼を示すものです。エンゲージメントの高い会社は業績が傾いた時や大きな困難にぶつかった時に苦境を乗り越える「底力」を発揮します。

 

従業員満足度は、従業員の「満足度」を示すものなので、会社の業績が傾いたり、給与条件や福利厚生などの待遇が保てなくなると、すぐに失われてしまうものです。

 

3. ロイヤルティと従業員満足度の違い
ロイヤルティが高い従業員は永年勤続者として企業に多くの利益をもたらしてくれる可能性が高いです。
従業員満足度が高い従業員は企業に長く勤める可能性がありますが業績との関連性は薄いです。

 

 

言葉の意味を正しく知り、アプローチを変えることが大切

「エンゲージメント」「ロイヤルティ」「従業員満足度」、それぞれの言葉の意味と違いを知ることで、どのように施策に落とし込むべきかアプローチが変わってきます。

 

特に会社として成長し、業績を上げるためには「エンゲージメント」を向上させ、従業員が会社に愛着を持ってくれることが大切です。

 

エンゲージメントを高めることができれば、「相手の信頼に応えたい」という気持ちや、「このチームで共に成果を上げたい」といった想いが組織の中に自然と芽生え、現場主導で、より成果を上げるための工夫が凝らされるようになるのです。

 

 

まとめ

「エンゲージメント」「ロイヤルティ」「従業員満足度」それぞれの言葉の正しい意味を知り、従業員にアプローチすることによってより良い会社づくりにつなげることが出来ます。
『BEST TEAM』は従業員が楽しみながらエンゲージメントを向上させることが出来るツールとなっております。
具体的な活用事例や仕組みづくりに興味がある方はぜひ弊社にお問い合わせください。